ダイエット中の夕食メニューの選び方について

夕食

ダイエット中の夕食メニューは、胃腸への負担になるものを避けて選ぶのが基本です。

硬くて脂分が豊富な肉を主菜にすると、消化に悪影響を与えるだけでなく、太りすぎの原因になることも考えられるのです。

 

そのために、肉類を食べるときには高タンパクで低脂肪な部位を選択して、しっかりと煮込んで柔らかい状態にしていきます。

このような状態にするために、鶏ムネ肉の煮込み料理を主菜として選びながら、青菜の和え物を副菜として選ぶこともおすすめできます。

 

ダイエットの夕食の選び方では、ご飯は控えめな量で作ることも基本です。

塩辛いおかずを豊富に作ってしまうと、ご飯の量が増えてしまうことがあります。

おかずの味は控えめにしたものを選び、ご飯よりも野菜やキノコ類を多く食べるように心がけます。

こうした工夫をするだけで、食物繊維の摂取量が大幅に増えることになりますから、糖質や脂質の影響についても軽減することが可能になるわけです。

 

満腹感を得やすい料理を選択することも、ダイエットの夕食の選び方で大切です。

肉類については柔らかいものを選びましたが、副菜も柔らかいものばかりにすると、早食いを助長する可能性が生まれます。

タケノコ

ダイエットのことも考えて副菜の品目を豊富にして、アクセントのある歯ごたえをタケノコなどの素材で引き出していきます。

肉じゃがをメインのおかずにするときには、歯ごたえがあるコンニャクを加えるようにすれば、すぐに食べてしまうことも防げます。

 

このように、ダイエット中は食事のメニューもよく考えてみてください。

 

コメントは受け付けていません。